スターバックスと任意売却の共通点

こんにちは任意売却コンサルタントの

杉山 善昭です。

このブログは「スターバックスと任意売却の共通点」という記事で

任意売却コンサル杉山のブログというカテゴリーです。

先日町田で打ち合わせがありました。

30分ほど早く着いたので、お茶視ながら仕事をしようと

スターバックスに入りました。

実は私、外でお茶をする事はあまりなく

たまに行っても、アイスコーヒーかホットコーヒーしか頼みません。

今回は珍しくコーヒー味のマックシェイクのようなものを飲みたくなり

「どれかな。。。」カウンターでメニューを見ながら探しました。

「わ、わからん!」

今思えば定員さんに聞けばよかったのですが、「コーヒー味のマックシェイクのようなもの」と

説明するのが恥ずかしい気がして・・・

「モカ下さい」

一か八かオーダーしてみました。

数分で「お待たせしましたぁ~」と明るい店員さんの声。

受取カウンターに行って直ぐに

「ち、違う」

「お客様はモカではなかったですか?」

店員さんは少し不思議な顔で言いました。

「違わない・・・です」(心の声:違っちゃった・・・)

私が頼みたかったのは、フラペチーノと言うそうです。

メニューの写真では上に生クリームやらチョコが「これでもか!」というくらいに

載っていたので、フラペチーノはパフェの一種かと思って頼まなかったのです。

モカはモカで美味しかった。と言いたいところですが

甘くてニガテでした。

慣れないお店は難しいです。

スターバックスの店員さんにとって、フラペチーノはどのような商品か

詳しく知っていて当たり前ですが、客にとっても当たり前とは限りません。

任意売却も同じで、私達は専門家で当たり前に業務をしていますが

相談者にとっては、全てが初めてで当たり前のことなど一つもありません。

スタバの教訓を忘れずに、「分からないことが当たり前」という立場で

業務をしなければいけないな。と改めて感じました。

この記事を書いた専門家

宅地建物取引士杉山善昭
宅地建物取引士杉山善昭任意売却の専門家
(有)ライフステージ代表取締役
「不動産ワクチンいまなぜ必要か?」著者、FMさがみ不動産相談所コメンテーター、TBSひるおび出演、
プロフィールをもっと見る
●この専門家に無料電話相談をする:TEL0120-961529※タップで電話かかります。