エムユーフロンティア債権回収の任意売却

エムユーフロンティア債権回収
こんにちは任意売却コンサルタントの杉山 善昭です。
今回は「エムユーフロンティア債権回収の任意売却」というタイトルです。

今日は債権回収会社のエムユーフロンティアの担当者と打ち合わせ。
任意売却中の物件の販売状況について報告をしました。

エムユーフロンティア債権回収という会社をご存じない方のために説明しておきましょう。
この会社から直接お金を借入している方はいらっしゃらないと思います。

現在の三菱UFJ銀行の住宅ローンを使っている方は、間接的にエムユーフロンティア債権回収と関わりがでてきます。
というのも、三菱UFJ銀行の住宅ローンを使う際には、原則その保証会社である三菱UFJ住宅ローン保証の保証を受けることになります。

この住宅ローンの返済が滞ると、くだんのエムユーフロンティア債権回収が関与してくることになります。

現在の三菱東京UFJ銀行は、旧三菱東京銀行と旧UFJ銀行が合併してできた銀行です。
UFJ銀行の方は、旧東海銀行、旧三和銀行が合併してできた銀行です。

銀行の数だけ、保証会社もありましたので、昔は三和信用保証などという保証会社があったのですが、銀行の合併に合わせて保証会社も合併した結果、債権回収業務をエムユーフロンティア債権回収(株)が行うようになりました。
銀行
武蔵野銀行、紀陽銀行、北九州銀行、佐賀銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行、その他多くの金融機関がエムユーフロンティア債権回収に、融資金の回収業務を委託しています。
詳しくはエムユーフロンティア債権回収公式サイト「主な受託先」に記載されています。

さて、話を戻しましょう。
この件では、弊社の査定よりも債権者の評価のほうが高かったので債権者の提示した金額で販売活動をしている物件です。

そこそこ引き合いはあるのですが、やはり少し高めの値段設定のせいか買受の申込が入りません。
お部屋の状態は任意売却にしては、綺麗なほうなので売れないのは値段の問題でしょう。

債権者の担当者には隠し事なく報告し、「もう少し様子をみてだめなら値段を見直す」という言葉をいただきました。

弊社は囲い込み等、他社の広告活動を制限しないので、ご依頼いただいた物件は様々な販売協力会社さんで広告活動をしていただいています。


「ライフステージはまともに販売活動をしているな」
債権者の担当者も弊社の販売活動を確認しているはずです。
相手も人間です。
全うに仕事をしていると、債権者からの見られ方も非常に好意的になります。

逆に、債権者の担当者から不動産会社を見た場合、きちんとした販売活動を行っていないと、全ての事が懐疑的に見られてしまいます。

私とすれば普通のことを普通にしているだけなのですが中には酷い任意売却業者がいて、ワザと売れなくするために広告活動を一切せず価格が下がったところで、自社で買い取ってしまうところもあるようです。

こういう妨害をされても、依頼している方からはなかなか気がつきにくいので困ります。

この記事を書いた専門家

宅地建物取引士杉山善昭
宅地建物取引士杉山善昭任意売却の専門家
(有)ライフステージ代表取締役
「不動産ワクチンいまなぜ必要か?」著者、FMさがみ不動産相談所コメンテーター、TBSひるおび出演。単に家を売るだけでなく「お金に困らない暮らし」を提案している
プロフィールをもっと見る
●この専門家に無料電話相談をする:TEL0120-961529※タップで電話かかります。