千葉県柏市の売却相談

千葉県柏市こんにちは、住宅ローン緊急相談室の杉山 善昭です。

今回のお話は千葉県柏市からのご相談です。
カテゴリーは任意売却コンサル杉山善昭のブログになります。

ご相談内容は、5年前に購入したマイホームがあるが離婚したので、売却を考えたい。というものでした。
登記内容を調べてみると、不動産の名義はご主人単独で共有にはなっておらず、妻も退去したとのことで、売却を行なうに当たってはそれ程支障はありませんでした。

次に、売却可能価格を調べてみると、ここで問題が見えてきました。
ここでは詳しい数字を書くことはできませんが、五年前に借りた住宅ローンがまだたっぷり残っており、現在売却しても残債の半額程度しか返済できないことが分かりました。

住宅ローンが残っている家を売却する方法で書いたとおり、一般的に不動産を売却する際に、売却代金だけでは住宅ローン残債に満たない場合、手元から不足資金を捻出しないと売却活動ができません。

今回もそのケースです。
夫婦が住んでいた不動産の場合、例え名義が夫一人のものでも、妻にも財産分与(この場合は負担ですが)が発生するので、売却に関して不足する分が発生すれば妻にも請求したいところです。
最も今回のテーマから話が逸れるので、深く話しをしませんが。。。

さて、このように、売却すると不足が出る。しかも不足分は捻出できない。という場合、どうすることも出来ないのでしょうか?

このサイトを良くお読みいただいている方は「任意売却ならできる!」と即答でしょう。
もちろん任意売却ならば、不足分を捻出しなくても売却することはできます。
しかし、任意売却をする為には住宅ローンの返済が遅れ、延滞が生じている必要があるので、現在住宅ローンの遅れがない方には、積極的にお勧めするわけには行きません。

そこで、「不足分を借入する」という解決策があります。当然審査がありますが、売却損を借入して、不動産を売却し後から不足分を分割で支払うというものです。
この方式の良いところは、住宅ローンの延滞が生じないので、いわゆるブラックリストに載らない。という点です。

今回のケースで、売却損の融資が受けられるかどうか、もう少し検証してみないといけませんが、もし活用できれば選択肢としては非常に良いものになると思います。

私達任意売却の専門家は、単純に売却だけをするのではなく、極力傷口が少ない解決法を提案しています。風邪を引いたときにはお医者さんに診てもらうように、一人で悩まないで私達にご相談下さいね。

この記事を書いた専門家

宅地建物取引士杉山善昭
宅地建物取引士杉山善昭任意売却の専門家
(有)ライフステージ代表取締役
「不動産ワクチンいまなぜ必要か?」著者、FMさがみ不動産相談所コメンテーター、TBSひるおび出演、
プロフィールをもっと見る
●この専門家に無料電話相談をする:TEL0120-961529※タップで電話かかります。