恐ろしい老後の実態

現在65歳の夫婦が受け取る平均的な年金の額をご存知ですか?

統計調査によると月額229,000円だそうです。

では、平均的な支出はというと、、、月額270,000円だそうです。
つまり、毎月41,000円の赤字が出ることになります。

60歳から平均寿命まで生きたとすると、年金の受給総額は約6000万円、支出は約8700万円。
不足分は2700万円となります。
これは、現行の年金制度が生きていた(いまのまま)場合の話です。

60歳、65歳以上で住宅ローンが終わっても、貯金がないなら、頑張って払ってきたマイホームを手放さなければいけません。
その時、建物は築何十年になっているでしょう?建物の資産価値がないどころか、解体撤去工事分だけマイナス査定です。

定年までに、ローンが終わらない人はもっと悲劇です。
支出が上回るマイナスが更に住宅ローンの返済分赤字が膨らみます。

先日任意売却のご相談を受けた時の話です。

家計の状態を確認していると、携帯代がなんと月に5万円オーバー。
一体何に使えばそんな携帯代になるのか?

私が仕事で使ってもその半額もかかりません。

聞いてみると、子供の携帯代を払っているとのこと。
お子さんといってももういい歳です。。。

また別のケースではこんな話。
住宅ローンの支払いが厳しく、キャッシングをしていくうちに借金が膨れ上がり返済不能に。
民事再生をすすめられたので、申請をしようやくリスタート切れたのは良いが、あろうことか子供が私立の高校へ行きたいといい、合格してしまった。

私立に行かせるためには、民事再生で決めた返済を止めるしかない。
お子様の学費を優先するか、マイホームの維持を優先するか。。。

私にも二人の子供がいるので、「お子さんにできるだけのことをしてあげたい気持ち」は良くわかります。
しかし、自分が自立していないければ、人を助けることなどできません。

老後破たんすれば、生活保護を受ければいい。という意見もありますが、お子さんがいる場合、簡単に生活保護を受けることはできません。
結局、お子さんに迷惑がかかるのです。

実際、当事務所では、「親の家が破たんしそうだ」といご相談がお子さんからたくさん寄せらています。

ご自身の老後のこと。
真剣に考えてみませんか?

特に住宅ローンの完済年齢が60歳を大きく超えている方は、非常に危険です。
また、住宅ローンを支払い中に、貯金がほとんどできない方も危険です。

幸せな老後を向かえるためのご相談、承ります。

※写真はイメージです。

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
  • 電話で任意売却相談
  • メールで任意売却相談
  • LINE@で任意売却相談