確定申告すると延滞税金が減るかもしれません

昨日出張相談に行ったときの話です。

住宅ローンの遅れもあるのですが
固定資産税、健康保険、市県民税の滞納がありました。
ご相談者は自営業で、確定申告をしていないのに
滞納税金を見ると、結構な金額が課税されていました。

私は税理士ではないので、正確なことはわかりませんが
おそらく確定申告をすれば、納税額が変わるのではないか?
そう思い、申告検討することをアドバイスしました。

普通のサラリーマンは源泉徴収されているので
申告には縁がないと思いがちですが
意外と住宅ローン控除を受けていないことが多いです。

最も住宅ローン控除は税金が還付されるだけで
住民税や健康保険代が安くなる期待はできませんが。。。

今回は確定申告をしたら、どのくらい税金が安くなるかを
検証してから、任意売却するかどうか方向性を決めることにして
相談が終わりました。

私達、任意売却の専門家はただ単に任意売却をしているのではなく
少しでも早く時間で解決する。
少しでも高い値段で売却する。
少しでも安く費用を抑える。
これらのことを総合的に検討し、アドバイスとサポートをしております。
お気軽にご相談くださいね。

この記事を書いた専門家

宅地建物取引士杉山善昭
宅地建物取引士杉山善昭任意売却の専門家
(有)ライフステージ代表取締役
「不動産ワクチンいまなぜ必要か?」著者、FMさがみ不動産相談所コメンテーター、TBSひるおび出演、
プロフィールをもっと見る
●この専門家に無料電話相談をする:TEL0120-961529※タップで電話かかります。