自己破産後の任意売却

冷たい雨の神奈川県です。

今日は大和市のクライアントさんのご自宅へ出張して今後の方向性の打ち合わせを行いました。

この案件は住宅ローン借入れ後発生した税金が未納状態になっていて、任意売却するためには税金の差押解除がどうしても必要な状態でした。

税金の金額が大きいため、自己破産を先に行った後に任意売却を進めるほうがよいという判断をしました。

ちなみに、任意売却と自己破産、どちらを先にやるかというのは本当にケースバイケースで、任意売却の前後で自己破産をしなければいけない、というものでもありません。

★忙しい方は約1分で終わる動画がありますので、どうぞ

今回は総合的に状況を検討し、クライアントも自己破産を望んでおり又、破産申請が可能な状況にあったことも重要です。

知人の弁護士を紹介し、自己破産手続の目処がついたのでようやく任売の準備です。

初めてご相談いただいてから既に半年経過しています。
やはり、このケースのように早いうちからのご相談していただけると気持ち的にも時間的にも余裕を持って行うことができますね。

ご夫婦で悩んでいるなら、お気軽にご相談下さい。

※写真はイメージです。

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
  • 電話で任意売却相談
  • メールで任意売却相談
  • LINE@で任意売却相談