消費者、投資家、不動産会社の違い

一口に任意売却すると言っても、任意売却する相手が3タイプに分かれます。
真っ先に思いつくのは、一般の消費者ですよね。
その次は不動産会社でしょうか。
売却相手として考えられるのはもう一つあり、投資家です。

では、この3つの相手、どれも同じ基準で購入するのでしょうか?
もちろん違いが出ます。

不動産の買い手の違いですが大きく分けて、購入価格、建物の状況、意思決定の早さ
というジャンルで顕著にでます。

今回は消費者、投資家、不動産会社がどう違うのか書いていきます。
その前に解説動画がありますので、ご覧ください。

おさらいしましょうね。
—先ずは【価格部門】です。————————————————–
関係は 消費者>投資家>不動産会社 です

誤解されそうですが、消費者の購入金額が高いということではありません。

消費者の購入する金額は、一般市場価格です。
それに対して投資家や不動産会社が購入する金額は安くなる傾向があります。
投資家は投下資本に見合うだけの家賃収入から逆算して、購入価格を決めます。
不動産会社は仕入れた不動産を手直しした上で、市場価格で売却するので
購入する金額は一番低くなります。

—続いて【建物状況部門】です————————————————–
関係は 消費者>投資家>不動産会社 です。

消費者は綺麗でそのまま住める建物を好みます。
一方不動産会社は手直しになれていますので極端な話、ゴミ屋敷でも気にしません。
投資家は中間ですね。

—最後に【意思決定の速さ部門】です——————————————–
関係は 不動産会社>投資家>消費者 です。

不動産会社が圧倒的に早いです。
極端な例だと、現地を見なくても購入します。
代金の支払いも、3日後に3000万円持参という例も珍しくありません。

一方消費者は、資料を見て、現地を見て、周辺環境を見て、家族会議をして、融資が
受けられるか確認して・・・と時間を要します。

投資家はやはりその中間です。

任意売却においては、先ずあなたがどうしたいのか?が大切であり
その為には誰に売却をすれば良いのかを考え、債権者に交渉という順番が重要です。

その為、闇雲に売却を優先する会社や、やたら破産を促す弁護士などには
気をつけてくださいね。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談