どうしても住み続けたい場合の方法

家を手放す=引越し
あなたはこのようなイメージをお持ちではありませんか?

かなりの方が誤解していることですが、家を手放したからと言って
必ず引っ越さなければならないとは、限らないお話を今日はしたいと思います。

確かに一般的に、自宅を売却した場合
一定の期限で明け渡しをする必要があります。

しかし、お子さんの学校の関係やご近所付き合いの関係で
引越しをしたくない場合。ありますよね。

そんな時に使える制度が、引越ししなくて良い不動産売却法です。

「売ったけど、そのまま住んでいていいの?」

そうなんです。
そのままお住まいになれます。

そろそろ種明かしをしましょうね。

投資家に買ってもらうのです。
投資家なら購入した不動産を賃貸に出します。

そう!

あなたは、不動産のオーナーから賃借人になるのです。
ご近所にはまず知られません。

住まなければいけない期間だけ、賃借して時期が過ぎれば
そこで引越しをする。

借金は清算したいけど住み続けたいという方はご相談下さい
私達住宅ローン緊急相談室任意売却の専門家として
住宅ローンは払えないけれど住み続けたい。という方のサポートをしております。
遠慮なくご相談くださいね。

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
  • 電話で任意売却相談
  • メールで任意売却相談
  • LINE@で任意売却相談