任意売却手法その3 買取


単純売却に近いですが、単純売却は一般消費者向けの販売であるのに対し
買取は、不動産会社が直接買取る任意売却方式です。
動画でも説明しています。
[youtube id=”dQdzaFLEoBc” align=”center” mode=”normal”]

何しろ時間がない!という方に向いている売却方法です。

メリットとしては
●6つの方法の中で一番速い
●建物の状況が非常に悪くても売却ができる
●室内のゴミや不用品を処理しなくても売却ができる

デメリットとしては
●債権者の同意が取りにくい
●引越しする事になる
●売却可能価格が低い

一戸建ての売買の場合、隣地境界石を明示することが原則で
境界石が見つからないと測量費がかかります。
この費用負担は自己負担になり、任意売却の障害になりかねません。
しかし、買取の場合状況によって境界石を明示しなくても売買が成立する事もあり
この点でも非常にスピーディーな売却が可能となります。