任意売却手法その4 親子間売買


親子間売買は文字通り、親子の間で売買をすることです。
精神的苦痛が一番少ない売却法の一つです。
親子の他、親戚、友人などのケースも含まれます。

簡単に見たいかたは動画でもご覧いただけます。


メリットとしては
●精神的苦痛が一番少ない
●住み続けることができる
●無理な返済から開放される

デメリットとしては
●子供が借りる住宅ローンの審査は厳しい
●債権者の同意は取りにくい
●子供が自分の家を購入するときの支障になる

子供に売却ができた場合でも、親の借金が無くなるわけではありませんが
示談や自己破産などで返済を大幅に減額、若しくは無くすことができます。

居住形態が変わりませんので望まれる方も多くいらっしゃいます。
親子間売買は後になって税務署から贈与税の調査を受けやすいので、注意が必要な売却方法です。

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談