競売を妨害する罪

この記事を読むのに必要な時間は約 1分1秒です。

東京都西麻布のマンションの競売を妨害したとして
競売入札妨害の罪に問われた不動産会社の元社長に
懲役1年4ヶ月の実刑判決が言い渡されました。

どのようなことをして、競売入札妨害の罪になったのか?

朝日新聞の記事によると、被告は別の男と共謀し
部屋を貸しているように装う虚偽の賃貸契約を裁判所に
提出したようです。

つまり、本当は賃貸していないのに賃貸していると見せかけていた
と言うことになります。

何故賃貸しているように見せかけたか?
と言うことについて、少し説明が要りますね。

一般的に賃貸している物件は、よほど良い条件で
賃貸しているケースを除いて、買い手が付きにくくなります。

例えば家賃相場が20万円の物件を5万円で借りている。
というように、著しく悪い条件での賃貸契約(実際は架空ですが)を
認めさせれば、競売後も借り得になりますし、
落札者がいなければ、それはそれでラッキーな状態になります。

結局はウソがバレて実刑となった訳です。

このケースは報道されましたが、あなたの元にこういった
「おいしい話」は来ていませんか?

「〇百万円残して挙げる」とか「競売を遅らせる」といった
オファーをする会社があるようですが、問題がある可能性が
非常に高いので、決して「美味そうな話」に乗らないように
気をつけていただきたいと思います。