不動産の共有者が行方不明な場合の任意売却

離婚などで共有者が行方不明になってしまっている状況で競売の通知が届いた。

このような場合、任意売却はできるのでしょうか?

不動産の売買には所有者の意思確認が必要です。
共有者の内一人だけの持分だけを売却する場合は、単独でできますが
不動産全体を売却する場合、共有者全員の同意がないと売却することはできません。

つまり、行方不明者の意思確認が必要となります。
しかし、行方が知れないわけですから意思確認は取れませんよね。

よく知られる方法は「失踪宣言」です。
失踪宣言をしてから7年経過すると、その方は死亡したことになります。
(船の沈没などは1年間)
しかし、死亡したことになれば相続が発生しますので、相続人に
相続登記をしなければ売買することはできません。

離婚してしまうと、相続権は無くなりますからこの方法では
問題があります。

そもそも7年という年月が必要なので、競売のほうが先に始まってしまいます。

では、共有者が行方不明になってしまった場合、
不動産を売却するのを諦めるしかないのでしょうか?

実は良い方法があります。
「不在者の財産管理人」という制度を使うのです。

まず、不在者の財産管理人を家庭裁判所で選任してもらいます。
財産管理人が権限外行為を行う許可を裁判所から得て売買が可能となります。

但しこの場合でも3ヶ月から1年程度時間を要します。

競売の開始決定が出てからだと、殆ど間に合いません。
住宅ローンの延滞が始まったあたりで申請をすれば間に合う可能性がありますので私どもまでご相談下さい。

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談