共有者が協力してくれない任意売却

今回のテーマは「共有者が協力しない任意売却」です。

こんにちは、任意売却の専門家、杉山 善昭です。
お住まいを共有で購入することは良くある話で、珍しいことではありません。

共有にすると、住宅ローンでは当然に連帯保証人になります。

このままずっと返済が進めば、何の問題もないのですが、毎年50万人もの人が離婚している現代。
自分がいつ同じ立場に立っても不思議ではありません。

さて、離婚する際に問題となるのが、「住まいの問題」です。
離婚時に売却できれば問題ありませんが、なかなか離婚時に売却が出来ずどちらかがそのまま住み続けるケースも実際多いです。

先ほども、ご相談の電話がありました。概略は次の通りです。
・数年前に離婚した
・不動産は元夫と共有
・住宅ローンの名義は夫、連帯保証人が妻
・妻が不動産に居住中
・支払いが厳しいので売却したい
・夫は非協力的、というか一切協力してくれない

ご相談者様は「妻」の立場になります。
このような状況で不動産を売却したい。というご相談。

結論から言うと、この不動産を売却することは、極めて困難です。

嫌がる相手の権利(不動産の所有権)を無理やり売却することは出来ません。
逆に考えれば至極単純な話ですが、自分の権利を第三者が勝手に売却できてしまったら、、、そんなことは出来ませんよね。
たとえ連帯保証人であってもです。

このサイトで以前から何回も書いていることですが、離婚時には不動産も処分が鉄則です。
話が横道に行きましたね。

先ほど不動産を売却することは、極めて困難。と書きました。
「極めて困難」ということは、何か方法があるのか?とお感じになりませんでしたか?
実はあります。

但し、このやり方を実現できる方は、そうはいらっしゃらないと思いますが、前提条件を挙げてみましょう。
・売却想定価格が残債を上回っている
・残債を一括で返済する経済力がある
・裁判手続きを行う時間と金銭がある

三つ挙げましたが、条件を満たしているからと言って必ず共有者の不動産を売却できるとは限りらないので注意してくださいね。
今回は、共有者が協力しない任意売却についてのお話でした。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談


ページのURLを友達にメールする