任意売却をしたらサンタさんがやってきた

サンタへの手紙
うれしいLINEメッセージをいただきました。

『杉山先生

任意売却の一連の手続きでは大変お世話になりました。
こんなに穏やかな年末を迎えることができたのは、みんな杉山先生のおかげです。
本当にありがとうございました。

2年ほど前から毎月のやりくりが大変で、金策の為に親に何回も頭を下げる毎日は、本当に気が重く家庭内の雰囲気も最悪でした。

一昨年の秋に、とうとう銀行への返済も行き詰ってしまい、ネットで任意売却という方法を知り藁をもつかむ思いで依頼したあのみじめな思い。今思い出しても涙が出てきます。

ところが頼みの綱だった不動産会社の対応を見ていくうちにだんだん信用できなくなってしまって。。。
そんな時でした。杉山先生のホームページを見つけたのは。

頼んではいけない不動産会社についてのページだっと思いますが、全部が当てはまっていて鳥肌がたったのを今でも鮮明に覚えています。

すぐに依頼を先生の事務所に切り替えするとができたのは本当にラッキーで、もしあの時切り替えができなかったら。。。と思うとぞっとします。

家を手放す話よりも、私達の家計のことについてとても親身になってアドバイスを下さいました。
時には厳しいことをご指摘いただきましたが、親も遠慮して言わないようなことを言ってくれたことは本当にありがたいと夫共々、感謝しております。

お恥ずかしい話ですが、お金に困っていた時はいろいろな返済が大変で子供が欲しいというクリスマスプレゼントをあげることができませんでした。
先生のご尽力で任意売却が終わり、生活も安定してきました。
おかげさまで今回のクリスマスは、久しぶりに子供が欲しいと言っていたクリスマスプレゼントをあげることができました^^

送った画像は下の娘が書いたものです。
杉山先生は私達にとってのサンタさんです。

本当にありがとうございました。
先生が全国を忙しく回っている様子をfacebookで拝見しています。
どうぞご自愛くださいませ。』

—ここまで—
送ってくださったのはA様の奥様。
読んでいて、目がウルっと来ました。
メッセージありがとうございました。

尋常ではない位焦ってお電話をいただたのが印象的でした。
確か、とても焦らせられて物事がドンドン進みそうな直前でお電話をいただいたんですよね。

調べてみるとどうも普通の販売方法を取っておらず、すべてがノーコンセンサスの状態。
不動産会社の意図のもと、裏側にいろいろな糸が見え隠れする案件でした。

私がしたことは特別なことではありません。
間違った道に進みかけているのを、まっすぐに進むように直しただけです。

それでも、最終的には無事に任意売却が成功したこと。そして任意売却を通じて家計が正常化したことを素直に喜びたいと思います。

お嬢さんのサンタさんが毎年来るように願っています。
どうぞお元気で、そして笑顔でお過ごしください。