離婚裁判で自分の不動産を差し押さえられたら

いつもお読みいただきありがとうございます。
住宅ローン緊急相談室」代表の杉山 善昭です。

今回は、『離婚裁判で自分の不動産を差押さえられたら』について。
離婚訴訟と住宅ローンについて書いていきますね。
離婚がスムーズに行かずに妻から訴えられ裁判になるケースも珍しくありません。

住宅ローンの残務が多くて揉めるケースもありますが住宅ローンが少なくて揉めるケースもあるのです。

前者はマイナス資産をどうするか?で
後者はプラスの資産をどうするか?ということになります。

「売却すればお金が余るので、財産を分けろ」ということになるのです。
相続の時も同様の問題が発生することが多いですが、財産はあってもなくても揉め事の種ですね。

さて、財産を分けると言っても離婚裁判中に売却されては困るので、売却されないようにする方法があります。

それが仮差押えという手続きです。
簡単に言えば、相手の不動産を勝手に売却されないようにしておく法律的な縛りを付ける作業です。

こうすることにより、ゆっくり時間をかけて訴訟をするのです。

相手側にしてみると、この申請をされると非常に困ります。
言うまでもなく、仮差押登記を外さないと売却できないからです。

仮差押登記を外すためには、相手の要求を呑むしかありません。

但し、こうなってしまった場合でもまったくダメということはなく、手段はまだあります。
相手側がどのような意向で、仮差押をしているか?という点がポイントになります。

「単に相手の嫌がることをしているだけ」で仮差押をしているのか「交渉材料」としてつけているのか?
前者の場合、お金の問題ではないので、ハードルが高いですが、後者の場合は条件次第で進展する可能性があります。

実際私も、かなり揉めている離婚案件の任意売却をした経験が数多くありますが、一つ一つひも解いて解決できた事例がたくさんあります。
もっとも、私は弁護士ではないので、離婚条件の問題を調整するのではなく、不動産の処分についての業務ですが。

なお、離婚時の不動産売却の事例として、こちらのページも併せてご覧下さい。
http://www.e-lifestage.info/archives/2253

最近、電話のご相談が多くいただきます。
デリケートなご事情のご相談で私達も最適なアドバイスをさせていただきたいのでご予約の上、面談でのご相談をお勧めしております。

東京、神奈川の出張相談は無料ですのでご安心ください。

私たち「住宅ローン緊急相談室」は、離婚訴訟時の不動産売却などについて、わかりやすくアドバイスとサポートを行っています。遠慮なくご相談くださいね。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談