任意売却高額キャッシュバックを謳う会社は悪徳業者の可能性あり

任意売却のキャッシュバック裁判所の競売手続きが始まると一斉にダイレクトメール(DM)が届きます。

先日私のクライアントのところにも10通以上のDMが来ました。

その中にはキャッシュバック50万円~500万円保証!とか売却代金の10%キャッシュバックします!というもので明らかにおかしな文言が記載されていました。

本当にキャッシュバックしてくれるでしょうか?

結論から言うとありえません。

もしかしたらこの記事をお読みのあなたにも同じDMが届いているかも知れないので、この先のコラムをよく覚えておいていただきたいと思います。

そもそも、借りたお金を返せないのに、何十万、何百万円も手元にお金を残すことを本当に銀行が認めるでしょうか?

あなたが逆の立場、つまりお金を貸しているとしたら、お金を返さない人に高額なお金が残るようなことを認めるでしょうか?

常識的に考えられないことは分かりますよね?
答えはもちろんNOですよね。

では、どうしてこのような美味しい話があるのでしょうか?


私がその答えを解説しましょう。

一つは甘い話で依頼を受けておいて最後の最後で「やっぱり無理でしたワ」といって開き直るパターン。
これも悪質です。

そしてもう一つの手口はこちら
任意売却詐欺のフロー
図を見れば大体のことはお分かりになるかも知れませんが、簡単に説明をすると『正規に売れた金額よりも安い金額で売却したことにして銀行には少ない金額を返済する』という手法が使われているようです。

こういった行為は
有進私文書同行使

詐欺行為という犯罪です。

もちろん、破産手続き上でも支障が出ます。
また、刑事事件としてだけではなく、民事事件としても訴えられる可能性も高いです。

その不安と戦いながら、時効まで過ごすことになります。

どれだけ苦痛が伴うでしょう。

あなたは自分が警察に逮捕される姿を家族に見せたいですか?


一部の悪徳任意売却業者は言うでしょう。

「あなたと私が黙っていれば分かりようがない」と。
(分かりようがあるのですが、別の機会に理由を書きます)

しかし、「銀行を騙してお金を残した」とお子さんの目を見て言えますか?
親の目を見て言えるでしょうか?
ご先祖の墓前で報告できるでしょうか?

私達は、「例え経済的に困窮していても、まともな人であり続けたい」という人は支えたいですが、自分のことしか考えない人は助けたくありません。

住宅ローン緊急相談室が高額キャッシュバックを絶対にしない理由は「あなたを犯罪者」にしたくないからです。

美味しそうに見える話に飛びつくかどうかは、全てあなたの自己責任になります。
ご自身を守るのは、ご自身だけです。
ご注意下さい。