リースバック&買戻し予約で任売成功【来店回数0回】

リースバックで任意売却

◎このような状況でした

【債権者又は金融機関】
アプラス、固定資産税、他クレジットカード

【お支払いができなくなった理由】
リストラ後の就職が決まらなかった

【滞納期間】
競売申立てられ後1ヶ月

【相談者の希望】
なにしろ済み続けたい、将来買い戻したい

◎解決へのポイント

●投資家の探索

●建物の状態と耐用年数

●買戻し金額

◎解決までの流れ

親から相続した不動産なので、できれば手放したくない。という強い思いがありました。民事再生法も検討しましたが、見込みがなく、競売の申立てもされていることから任意売却を選択が最良であることが分かりました。「住み続けたい」「買い戻したい」というご希望がありましたので、リースバック&買戻しを検討したのですが、ここで問題が発生しました。

【任意売却検討時に発覚した三つの問題とは?】

建物の耐用年数の問題、家賃の問題、買戻し金額の問題という三つの問題です。
まず、耐用年数の問題についてですが、リースバックですから投資家が購入することになります。しかし、建物が法定耐用年数を超えているため、修繕費が膨大にかかることになり敬遠される可能性が高くなります。
次に、家賃の問題です。投資家が購入できる上限から算出された家賃を依頼者が払うことができないことが分かりました。
最後の買戻しの問題です。投資家に売却した金額と同じ金額では買戻すことは出来ません。理由は投資家が購入する際に支出する、登記費用や不動産取得税がありますし、購入金額と売却金額がほぼ同じではキャピタルゲイン(売却益)がありません。その為、買戻しに関しては、売却価格にプレミアをつけることが一般的なのですが、そもそも売却代金が高いと買戻し金額も高くなってしまいます。その為、買戻す際の資金に不安があったのです。

【三つの問題を全て解決したある発想とは?】

売却金額、賃料、買戻し金額は全て連動しますので、それぞれを同じ割合減して解決する方法を提案しました。
ここでは具体的な数値を書けませんが、売却代金を一般相場から一定割合減額とし、家賃と買戻し金額も同じ割合で減額したのです。
こうする事により、支払い可能な家賃となり生活が安定します。
建物が耐用年数を超えている点については、最近流行りのDIY賃貸を取り入れ、基本的修繕や改修は借主負担とする賃貸契約とすることで、全ての問題を解決した任意売却を成功させました。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談


ページのURLを友達にメールする