仙台市青葉区の任意売却ご相談


今回のご相談は仙台市から。

今回のケースは少々問題があります。
どんな問題だかは後ほどに書きますね。

任意売却を検討するに至ったご相談者の状況

ご相談者は48歳男性。奥様、お子様二人と暮らしている。
仙台市青葉区在住。
仙台市営地下鉄沿線にある駅近くのマンション。

マンションを購入したのは2年前。
当時自己資金はゼロ。全額借りて何とか購入した。

何とか借りて購入したものの、直ぐに返済に行き詰ってしまう。
というのも、借りた時に既に家計は厳しくカードローンの借り入れがあった。

この時家計は全部ご主人が仕切っていて、奥様には毎月の生活費だけ入れていた。
カードローンの借り入れがあることは、もちろん奥様に内緒。

マンションを購入する時に住宅ローンの審査で問題になるのではないかと心配したご主人。
当時の不動産会社の営業に相談した所マンションのローンに上乗せして組んでくれた。

これで借金も一本化できて良かった良かったと喜んでいた。
無事、もろもろの手続きが終わり引越しも済んだが半年もしないうちにまた生活が苦しくなった。

それもそのはず、元々の生活が苦しいからカードローンの借り入れをしたのであって、その環境が変わっていなければ生活が楽になる道理がない。
家賃並みで購入できるといっても、それ以外に固定資産税もかかる。

結局2年でカードローンの上限枠が一杯になり、ついに返済不能に。

引落されていないですよという通知が銀行から届いたことが、奥様が知ることになったきっかけ。
かくかくしかじかで、生活が苦しくなったと弁明するご主人。

激怒した奥様だったが、このままでは競売になって世間のさらし者になるよりは、売って処分しようという話になった。

ここで初めて、当初の借入額が奥様の知る所になったのです。
マンションを購入した金額は3,020万円。

借入したのは3,400万円。
諸経費は確かに150万円程かかっていますが、残りの230万円はどこに消えたのか?
問い詰める奥様。

答えに困るご主人。
ついに観念し、購入時に借金があったことを告白。
あぁそれが分かっていたらマンションなど買わなかったのに。。。
後悔する奥様。

離婚危機を迎えて考えること


※写真はイメージです

以上がご相談をうかがった際の経緯でした。
もう離婚の危機が目の前の大変な状況。
ご主人が奥様に内緒で作った借金の使い道にも追及が厳しい。
それはそうでしょう。
奥様の気持ちになれば、疑いたくなるのも無理ありません。

今更何に使ったのか、一つ一つ出す訳にも行かないのでご主人にはひたすら思いだして話をしていただきました。
この点に関しては、私は不動産業なので残念ながらサポートできない所です。

お二人にまずお話ししたのは、このまま何もしないとどうなる見込みなのか?
それを回避するためにはどういう方法があるのか?
ということです。

とにかく遅れている分を払わないと競売になってしまうのはもちろんですが、では遅れている分を用意すれば良いのか?というとそうではありません。
住宅ローンの返済が遅れている原因を突き止めるほうが先です。

ここまで読んでいただければ誰でもお分かりになると思いますが、そもそも「普通の生活をしているとお金が足りなくなる」ことが最大の原因です。
赤字の原因が取り除かれない限り、また住宅ローンの返済に困る日々が続いてしまいます。

その為には、家計の把握が一番必要です。
今回も、奥様に1か月間レシートを全部保管してもらい、家計の記録を付けてもらいました。
削れるもの、削れないものをご自身で確認していただき、家計をダイエットしたらどうなるのか?
計算をしました。

平行してご主人。
今までは家に生活費を入れて後は、自分で管理をしていました。
普通のサラリーマンのお小遣いに比べるとやはり多い。

但し、ご主人は半分自営のようなお仕事で接待交際費を会社が払うのではなく、自分で払わなければいけないお仕事。
普通のサラリーマンよりも多くてもおかしくはありません。
私も仕事柄いろいろな方とお話しをしていますので、ご主人のお仕事内容を聞いていると今使っている金額は「そのくらいかかるよなぁ」と思えました。
決してご主人の方を持つことはありませんが、中立に見て自然でした。

話はずれますが、よく揉めている人間関係の中間に入ることがあります。
この時大切なことは、特定の一人に肩入れしないことです。
人間誰でも、その人の言動で雰囲気を感じ取りますからね。
常に中立な立場でお話ししています。

さて話を元に戻しましょう。
ご主人の散財が原因でないとなると問題は、収入に対して生活費が多いという事になります。
つまり収入レベルと生活レベルが釣り合っていない。という事になります。

お付き合いが大変ですが家計は火の車というケースは、外資系の保険会社などでよくみられます。(今回は違いますけど)

一旦上げた生活を元に戻すのは非常に大変です。

今回は、ご主人の収入では実現できない生活を送っていたことが原因です。
実際、ご主人の交際費を少々削った所で赤字は解消しません。
そもそも売上が下がることで給料が下がってしまう危険性があります。

所有している車も生活に見合っていませんでしたが、売ってもローンが返済できないという状態。
私は、車を売って家を維持したほうが良いと思ったのですが、お子様の送り迎えなどで車を使うので、売りたくないとおっしゃる。

確かに、お子さんをお迎えに行くのは日常ですから、立派な車がいきなり軽自動車に変われば周りからの視線が気になるでしょう。
私も子の親なので奥様の気持ちはよく分かります。

家を売って賃貸に入っても同じでは?
と思われるかもしれません。

しかし、家はある程度、嘘も方便が効きます。
「親の調子が悪く、いつでも帰ってこれるようにしないといけないので売却した。」とか言えますからね。

家計の三大支出は、家、車、教育です。
もう二つ付けた五大支出は、保険、通信費となります。

教育は過分なもの以外、削れません。
保険も必要最低限しか入っていませんし、ご夫婦の通信代も削っても毎月1万円程度。
節約するなら有効ですが、家計の赤字を消すほどではありません。

結果、家を任意売却することになりました。
さて家の方は任意売却をして手放すのでよしとしても、それだけではこのご相談者様の悩みは解決しません。
繰り返しになりますが、家計の黒字化なくして何も解決しませんからね。
そこを目指せるようにサポートするのが私、杉山のやり方です。

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談