クレジットカード延滞と住宅ローンの関係性

こんにちは、住宅ローン緊急相談室の杉山 善昭です。

今回は「クレジットカード延滞と住宅ローンの関係性」のことについて
分かりやすくお話をさせていただきます。
カテゴリーは任意売却よくある質問です。

住宅ローンは何とか払っているけれど、家計が厳しいので食費などは
クレジットカードでやりくりしているご家庭。

私がご相談に伺う先でも非常に多いです。
クレジットカードの返済が遅れても、住宅ローンの返済が遅れなければ大丈夫でしょうか?

答えはNOです。

順番に説明していきますね。

住宅ローンの借入契約書には、次のような取り決めが書いてあります。
〇第三者から差し押さえなどを受けた場合、住宅ローンを一括で返済しなければならない。
〇借主の信用状態が著しく悪化した場合、住宅ローンを一括で返済しなければならない。

条文はもっと多いですが、趣旨だけ抜粋しました。
「第三者からの差し押さえ」の代表例は税金の差し押さえです。

「借主の信用状態が著しく悪化」とはいわゆるブラックリストに載ってしまったことを言います。
よく勘違いされやすいのですが。ブラックリストは完全な貸し倒れにならなくても、載ってしまうことが
あります。

あなたの信用情報には、何処からいくら借りていて返済が完了したのかしないのか?
という情報の他に、毎月の返済がきちんとされたかされないか?という情報も載っているのです。

「信用情報」という用語が分からない場合は
住宅ローンの返済が遅れたことがあると借換えが出来ない理由という
ページで解説していますので、ご覧下さい。

その為、クレジットカードが返済不能で、事故処理された場合の他
度重なる返済遅延になった場合でも、「借主の信用状態が著しく悪化」となる可能性があります。

もっともこの判断は、各銀行の判断なので何ヶ月遅れたからアウト。という
明確な規定は分かりません。

4では、具体的にクレジットカードの返済が遅れたことによる
住宅ローンの影響について説明していきましょう。


普通は、借り手の立場で説明をするのですが、分かりやすく説明するために
クレジット会社の立場で説明をしていきますね。

クレジットカードの返済が遅れると、当然ですが、担当者は督促の連絡をします。
返済の督促は、手紙や電話などです。

私のクライアントの元には一日10回も督促があり、携帯電話の着信が全て
クレジット会社で埋まっていたのを見たことがあります。

督促をしても回収できない場合、大きく分けて三つの方法をとります。

一つは、貸し金の債権を第三者に売却してしまう方法。
(督促される相手が代わるだけです)

二つ目は、貸し倒れ処理をする方法。
(あまり期待できません)

三つ目は、裁判をおこす方法。
貸し金の回収について、裁判を行ないます。
裁判と言っても、ほぼ書類が全てでクレジット会社が勝訴します。
法律用語で「債務名義」というのですが、この債務名義を得ると・・・
不動産を差し押さえすることができます

3少し話しが戻りますが、ブラックリストに載って
「信用情報が著しく悪化」しても住宅ローンの一括返済要求が来なかったとしても
この裁判での債務名義を得ることにより、不動産を差し押さえがなされると

〇第三者から差し押さえなどを受けた場合、住宅ローンを一括で返済しなければならない。
に該当することになります。

そろそろ、話を纏めましょう。
クレジット会社の返済が滞ったとしても、直ぐには住宅ローンの返済に影響はありませんが
いずれは、住宅ローンの一括返済の要求へとつながります。

不動産に差押さえが付けられると、「低金利住宅ローンの借換え」が不可能になります。
任意売却をする際の支障にもなります。

「第三者の差し押さえ」は無いに越したことが無いのです。

では、あなたはどのタイミングで私達専門家に相談したらよいのか?

三ヶ月前、半年前、一年前に比べてクレジットカードの借金が増えている場合です。
過去に比べて、借入残高が増えているということは、イコール破綻への道を
着実に歩んでいる。ということになります。

あなたにとって一番大切なことは、家を守ることではなく、
あなたの生活を守ること」です。

私の経験でお話をすると、
あなたの生活が正常化しなければ、例え家があっても
ご家族は幸せになれません。

「お金の事でギスギスしている親を見たい子供」は、世界中探しても
どこにもいませんよね。

仲の良い夫婦でいる為には、家計の正常化が絶対に必要であると
私は確信しています。

たまには、家族で温泉旅行に行ったり、外食したり・・・
そんな生活ができるように、私達住宅ローン緊急相談室
専門家に相談してみませんか?

プロならではのわかりやすくアドバイスと
サポートを行なっておりますので、遠慮なくご相談くださいね。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談


ページのURLを友達にメールする