誰に売却するか?で任意売却の作戦が変わります

任意売却に限らず、不動産売却というとただ単に不動産を売却すればよい。と思いがちですが、実はそうではありません。
というのも世の中に不動産の買主は三種類存在するからです。

こんにちは、住宅ローン緊急相談室の杉山善昭です。

不動産を購入する三つの買主とはいったい何か?
今回は買主を意識した不動産売却についてのお話です。

「不動産を購入する人」と聞いて真っ先に思いつく人は誰でしょうか?

そう!マイホームを探している人ですね。
消費者とも言えますが「自分で利用するために不動産を購入する買主」です。
自社ビルを建てたい法人さんなども含まれます。

そして次は、投資家です。
「不動産を貸して利益を上げる買主」です。
不動産投資をしたい個人や法人、ファンドなどが含まれます。

そして最後に、買取会社です。
「不動産を転売して利益を上げる買主」です。
不動産会社がこれに該当します。

この三タイプの買主が存在することを無視して販売戦略は立てることができません。
買主のタイプが違えば、求めているものが違いますからね。
では次に買主のタイプによる違いを動画でご覧ください。

いかがでしたか?
ご覧のように、購入相手によって求められているものが変わり、結果売却可能な価格や速さが変わってくるのです。
一般的なご商売でも、ターゲットのセグメントは非常に重要な要素です。
不動産を売却する際もまったく同じなのです。

「自分で利用するために不動産を購入する買主」は快適性を求めます。
最終的には、その不動産が好きか嫌いかで判断されます。

「不動産を貸して利益を上げる買主」は長期的な収益性です。
継続して利益が出るのかどうかがポイントです。

「不動産を転売して利益を上げる買主」は短期的な損益です。
どれだけ速く、転売できるかどうが?がポイントです。

時間的余裕があるにもかかわらず、値段を安くして不動産会社に売却をするように誘導する不動産会社もあるようですので、依頼する会社は慎重に選んでいただきたいと思います。

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談