妻が浮気して子供を連れて出てってしまった

暗雲

人生詰んでるような状態でどうしようもありません

杉山先生よろしくお願いします。
人生詰んでるような状態でお先真っ暗。どうしようもありません。
先週女房が子供を連れて家を出て行きました。
寒い部屋で一人ぼっちです。
事の発端は7年前、当時住んでいた賃貸マンションが子供が生まれたことにより手狭になり引っ越しを考えていました。
ちょうどその時に近くで売りに出している家のチラシが入ってきて女房と二人で見に行きました。
引っ越しを考えているマンションの家賃とその売りに出ている不動産の返済額がほぼ同じだったので、女房が欲しがりました。
その時は子供がお腹におり、出産間近でした。
私たちには蓄えがなく、銀行の通帳には38万円しかありませんでした。
家を買うと何かと物入りになるので、家は欲しいけれどお金が色々かかるのでやっぱり無理だよなと思っていました。
しかし女房が家賃がもったいないと言い出し、どうせ払うなら自分たちのものになるマンションを買った方が得だと強く説得してきたため私も家族が喜ぶんであれば頑張って働こうと思ってマンションを買うことにしました。
今考えればこの時の考えが甘かったのですが、当時はそんなことに気がつきませんでした。
マンションを買ってすぐに長男が生まれ、3年後に長女が生まれました。
確かに家賃と同じ程度の住宅ローン組んでマンションを買ったのですが、固定資産税かかることや生まれた二人の子供にお金がかかり、貯金をするどころか毎月赤字ギリギリの生活が続きました。
お金がないので夫婦喧嘩が絶えず、険悪なムードの生活が本当につらかったです。
私が勤めている会社の景気が悪化して、 残業がなくなったことがきっかけで生活がなり行かなくなりました。
長女を保育園に入れることがきっかけで女房がパートで働くようになりましたが、それほど多く稼げるわけではないので生活は相変わらずでした。
いつの頃からか覚えていませんが女房がパートで働いているにもかかわらず、 一向に生活が楽にならずおかしいなと思っていたところ、どうやら勤め先の会社の男性と浮気をしていたようです。
正直、ここ数年喧嘩も絶えない生活だったので 女房にはそれほど未練があるわけではありませんが、浮気されていた悔しさと子供達を連れて行かれた寂しさてやりきれません。
このひと気のない家に一人で住んでいると気がおかしくなりそうです。
この家にいると子供と遊んだ生活のことを思い出して涙が出てきます。
家を売ろうとして不動産会社に行ったのですが、思ったよりも全然安くしか売れる見込みがない と言われました。
家を買った時に家のお金だけじゃなく経費も借りてしまったため、そのぶんも赤字が出るみたいです。
杉山先生なんとか私の詰んでいる状況を助けていただけませんか?
よろしくお願いします。

どこから声をかけて良いか分からないぐらい大変な状況、 ご心労察します。

住宅を手放すかどうか判断をする基準は他の記事でも書いてありますが、その家を維持する合理的な理由があるかどうか? そして現実的に維持ができるかどうか?この二つです。
今回の状況を鑑みると、 親御さんと同居をするというような状況がない限り、維持する合理的な理由はないでしょう。
長期的な目で見れば再婚した時に現在のマンションにすることも考えられなくはありませんが、 私の経験上、前の奥様と住んでいた家に住みたいという女性はかなり少ないと思います。
もう一つの要素である現実的に維持ができるかということについてなんですが、こちらについては今の収入で住宅ローンを払い生活費を払いお子さんの養育費を払う生活でやりくりができるのかどうかという点です。
経済的なお話を言うと、やりくりができるかということにプラスして貯蓄もできるのかというところが非常に重要です。
既にご経験をした通り、働いても働いても貯金が増えない生活というのは精神的に非常に疲弊します。
最後にまとめとなりますが、一番最後に申し上げた経済的にやっていけるかどうか?一番重要なポイントです。
表現が適切ではないかもしれませんが、今後のお支払いができないのであれば競売によって家を強制的に売られてしまいます。
つまり、支払いができないのであれば「売る」か「売らない」かの選択ではなく、「競売」か「任意売却」かの選択になるからです。

※写真はイメージです。

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
  • 電話で任意売却相談
  • メールで任意売却相談
  • LINE@で任意売却相談