ローン返済中に死亡しても団体信用生命保険が使えない訳

生命保険こんにちは、住宅ローン緊急相談室の杉山 善昭です。

「ローン返済中に死亡しても団体信用生命保険が使えない訳」
というタイトルのブログです。「住宅ローン返済遅延と団体生命保険」のことについて分かりやすくお話をさせていただきますので、宜しくお願いいたします。

住宅ローンの支払いが数ヶ月遅れている方が交通事故でお亡くなりになった。

確か、住宅ローンを借りる契約をした時に、「生命保険付きなので、返済中に万が一の事があったら残っているローンは全て無くなります。」と聞いた気がする。

もしそうなら、あれだけ苦しんだ借金ともお別れできる。。。
夫を無くした悲しみはあれど、返済の苦しみから解放されることを期待して銀行に連絡した。

借り入れをする際に、生命保険には確かに加入していた。
しかし、保険を使う事はできなかった。

なぜ、加入した保険を使う事ができなかったのか?

生命保険を払うか会議している加入したはずの団体信用生命保険は失効していたからです。

なぜ失効したかというお話をする前に、住宅ローンの仕組みをおさらいしましょう。

住宅ローンを借り入れする時には、ほとんどの場合、生命保険に加入することを条件にされます。

万が一、住宅ローン返済中に、死亡や重度障害になったらその時点で残っている住宅ローンの残高が保険金として
受け取る事ができ、そのまま返済にあてられます。

この生命保険を団体信用生命保険と言います。
我々は実務で「団信」と呼びます。

さて、この団体信用生命保険。

誰が保険料を負担するでしょうか?

旧住宅金融公庫の流れを汲む、フラット35の場合、住宅ローンとは別に支払う必要があります。
3000万円借りて約11万円程度。
保険料は年一回口座から引き落とされます。

一方、銀行の住宅ローンの場合、生命保険料は金利に入っています。
つまり、返済額に含まれていることになります。

これだけ見ると、フラット35は負担が増えることが分かりますね。

簡単ですが住宅ローンと団体信用生命保険について説明しました。

感の良い方はもう、お気づきになりましたね。

そう、銀行の住宅ローンの場合、返済が滞ると生命保険も未払いになり、失効してしまうのです。

文字通り、「返済中に死亡、重度障害」で返済が滞っている場合は含まれないのです。

さあ、この
「住宅ローンの支払いが数ヶ月遅れている状態で交通事故でお亡くなりになった。」方。

残されたご家族は大変です。

不動産という資産と借金を相続(限定承認を含む)をするか、相続を放棄するか選択しなければなりません。

悩むことができる時間は、三ヶ月です。

もし相続を放棄するのなら、家庭裁判所に行って手続きをしなければいけません。
元の住宅ローンと同様、分割払いは認められません。

相続をするか、相続をしないかは端的に言えば、「売却して余るのか?足りないのか?」が最も重要ですよね。

私達住宅ローン緊急相談室は、任意売却業務だけではなくこのような状態で、相続するかしないか?を判断するサポートもしております。
遠慮なくご相談くださいね。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談