任意売却住宅ローンの返済をやめるタイミング

「返済を止めるタイミング」が今回のテーマです。

住宅ローンの返済が遅れると「任意売却」ができるようになります。
逆に言うと、任意売却ができる方は、返済不能になった方なのです。

今後の生活を再確認した結果、「このままでは家計が破たんしてしまう」ことが判明した場合、任意売却をするために、自ら支払を止めるという選択肢があります。

当たり前のことですが、銀行に「返済を止めて」と申し込んでも返済が止まることはありません。

では、どうやって返済を止るのか?

引き落とし口座からお金を抜くしかありません。
つまり、口座の残高をゼロにすることです。

但し、引き落としがされる銀行口座に、クレジット機能が紐づいている場合、注意が必要です。

口座の残高が足りない場合に、自動融資されてしまうものがあるのです。

普段はありがたいこの機能ですが、返済を止めようとする場合迷惑な機能です。

延滞の話に戻りますが、当然のことながら返済を止めれば「督促」が来ます。
お手紙だったり、電話だったり。

相手はもちろん、返済を求めます。

任意売却をするのなら、ここで「もう払えないから、任意売却したい」と意思表示していただければ何の問題ありません。
スムーズに任意売却へと進みます。

しかし、言い方が適切ではないかもしれませんが、真面目な方ほど、督促されると返済をしてしまう傾向があります。
督促がある度に、何とか返済していくと、任意売却は進みません。

確かに、借りたものを返すことは、非常に素晴らしいと思います。
しかし、十分な収入がないのに、返済を続けることは、ナンセンスです。

手元の蓄えが枯渇するだけですから。

不動産は、動かない財産ですが、建物が建っている以上それは、劣化財産です。
劣化財産とは、年々価値が低下していく財産。

頑張って、支払を進めれば進める程、建物の価値は落ち、売却可能金額も低下するのです。

従って、任意売却をして、少しでも借金を多く返そうと思っているのなら、少しでも早いタイミング、つまり、建物の価値が落ちない内に売却することが望ましいのです。

※写真はイメージです。

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
  • 電話で任意売却相談
  • メールで任意売却相談
  • LINE@で任意売却相談