カードローンを払わずに競売の申立てをされた事例

大宮駅マンションが競売にかけられてしまいました!
もうどうして良いのかとにかく分からないことだらけで助けてください!

こんなやり取りから始まったお話しです。
場所は、埼玉県さいたま市大宮区のマンション。
この記事はラジオ的にお聞きになることができます。

既に競売の申立てがなされていて、執行官からのお手紙が届いている状態でした。

住宅ローンは組んでおらず、管理費の未納が長期間あったので最初は、管理費の未納による競売申立かと思った案件でした。

しかし、実はそうではなく、キャッシングによるノンバンクの申立てによる競売。
まだこのタイミングでご相談していただいたので、十分間に合います。

ただ、競売の手続きは進行していますので、可及的速やかに対処する必要があります。

今回のケースではまず、売却する必要があるか否か?からです。
債務が少額ならその資金だけを捻出することができれば、とりあえず競売は止められますからね。

そこで、債務がいくらあるか調べたのですが、ご本人は混乱していてどこからいくら借りいれしているか分からないとおっしゃる。

その為、届いている書類を全て整理することに。
幸い物持ちの良い依頼者さんだったのでほぼ全ての債務が確認できました。

合計すると結構な金額。
現状の収入などもおききましたが、どうにかなるレベルではないと判断されました。

幸いな事に、住宅ローンはないのでマンションを売却すれば全ての負債が返済できる見通しでした。
そうなると今度は、本当にマンションを手放す選択がベストなのか?という話になります。

今回は、ファミリータイプのマンションに独り住まいということで、マンションを維持する合理的な理由もありません。
むしろ風水学的には広い部屋に一人で住むのはあまりよろしくない。

経済的にも、使用しない空間の分まで固定資産税や管理費を払うのは合理的とは言えません。
そんな余裕があるのなら、将来のために貯蓄したほうが得です。

住まいを維持したほうが良いかそうでないかは、簡単な問題ではありませんが、基本的には「そこに住む合理性」と「経済的合理性」の二つの要素が重要です。

例えば、一人暮らしなら2LDKもあれば十分すぎる広さです。
それ以上の広さは、そこに住まなければいけない合理性もありませんし、経済的合理性もないといえます。

無駄なものに、お金を使うのは浪費です。

浪費をしていることにより、結婚式に出たりという社会人としての生活がままならないのは、本末転倒ですよね。

どうやったら正常な状態に戻るか?
という点が極めて重要であり、とどのつまりは家を売却すれば生活が正常化するのか?ということです。

今回は時間が限られていることから、タイムリミットになったらどうするか?
それまでの間にどうするか?
という所から立案しました。

結果、買主が無事見つかり売買契約を締結することができました。
これから転居先を探す事になりますが、時間的にもゆとりがあるので落ち着いて進めていけると思います。