不動産売却時の経費

不動産を購入する際に、多額の経費がかかったのを
覚えていらっしゃるでしょうか?

購入に関しては、登記費用、火災保険、印紙代、仲介手数料
銀行保証料、銀行事務手数料、税金などがあります。

注文住宅の場合は、更に、水道加入金、建築確認代、地盤調査料
etc本当に多くのお金が必要です。

では、不動産を売却する時も多額の経費がかかるのでしょうか?

順番に説明しましょう
買取(下取り)以外の場合、経費は概ね次の通りです。
●仲介手数料(売却代金の3%+6万円+消費税)
●収入印紙代(5000万以下15000円(減税中))
これだけです。

場合によってかかるものとして
●境界杭設置費用(境界杭がない、測量が古い場合)
●住宅ローン返済手数料(銀行の規定によります)
●抵当権抹消費用(担保の登記を消す費用)
●住所変更代(権利書の住所と現住所が違う場合)
●本人確認情報(権利書がない場合)
です。

さて、この売却経費ですが住宅ローンの支払いが滞っている方に
とって、捻出するのは非常に困難です。

売却代金で、住宅ローンを返してもお金が十分に残る場合は
余剰金の中から支払うことができますが、住宅ローン残高が
売却相場を越えている場合、事実上売却経費が払えません。

このような状態だと、任意売却を出来ないのでしょうか?
大丈夫です。このような場合でも任意売却は可能です。

本来売却した代金は、全額銀行の返済にまわりますが
我々が交渉をして、売却代金から売却経費相当分を
控除して残った分だけ返済にまわすことになります。

私達、任意売却の専門家は今、あなたが置かれている状況を十分にうかがった上で
最適な提案をし、今まで沢山の方に喜んでいただきました。

ご相談は無料です。お気軽にご相談くださいね。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談


ページのURLを友達にメールする