うつ病で「他人と会いたくない」という場合の任意売却方法

こんにちは、住宅ローン緊急相談室代表の杉山 善昭です。

今回は、任意売却コンサル杉山のブログというテーマで

『うつ病で「他人と会いたくない」という場合の任意売却

というタイトルのブログです。

任意売却をする際には
買主の他、沢山の関係者と会うことになります。

しかし「うつ」状態にあると、他人との接触に支障をきたす場合がありますよね。
私も過去に多くの経験をしました。

「なるべく、精神的負担が少なく任意売却ができないものか・・・」

本来、不動産の売却は
不動産会社、購入検討者、借入銀行、登記をする司法書士等の取引関係者との接触があり
売買契約、登記手続き、明け渡しの立会い等、約束した日時での諸手続きに出向く必要があります。

しかし、鬱病などの状態にあると、それらは非常に困難です。
検討を重ねた結果、「他人と会いたくない」「決められた日時に決められた用事ができない」
という状態に置かれている方の為の、任意売却法を提供しています。

「他人と接触しなければいけない機会を極力少なく」
「約束した日時に出向かなくても良い」
任意売却方法をご提案しています。

具体的には、不動産の売買に必要なことを弁護士に依頼し代理で手続きを行うのです。
弁護士にかかる費用は、任意売却の経費として債権者に認めてもらう方法等があり
極力ご負担がないような提案をしております。

ご家族からのご相談も多くなっています。
ご遠慮なくお問合せくださいね。

私達「住宅ローン緊急相談室」は、うつ病の方の不動産売却、任意売却について、分かりやすくアドバイスとサポートを行なっています。
遠慮なくご相談くださいね。

今ならご相談された方全員に、わかりやすい「任意売却小冊子」を差し上げています。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談