住宅ローンから開放される方法

閉塞感、やり場のないモヤモヤ、ストレス・・・

住宅ローンの督促や、カードの請求書、税金の納付書に公共料金の請求。
電気代、ガス代高いですね。我が家の2月、3月のガス代はいつもの2倍もかかりました。
本当に払う気、無くなります。

こんにちは、任意売却コンサルタントの杉山 善昭です。
今回の記事は「住宅ローンから開放される方法」というタイトルです。

「送られてくる請求書の封筒を見るのも嫌!」
住宅ローンの返済ができなくなったご相談者から良く出るお話です。

「借金から逃げたい」
「家計のやりくりを何とかしたい」
「借金から開放されたい」

スーパーに言っても、ついつい値段が気になったり弊店間際を狙って買い物をに入ったりと本当に大変でつらい思いをしている奥様。

体調、崩していませんか?

無理をしないでと言っても、無理かもしれませんが健康第一ですから、本当にご自愛くださいね。

さて、「借金から開放される方法」の話に入りましょう。

住宅ローンを払うことが出来なければ、競売の通知が届き、最終的には家を取られてしまいます。

もし、競売で売れた金額で住宅ローンを返済しきれない場合、家を取られても住宅ローンの負債が残ります。

ちなみに、競売の価格は相場の56%になることが多いです。
なぜ56%になるかという理由については競売手続き届く書類で状況が分かりますという記事の最後に書いてありますので、知りたい方はご覧になってみてくださいね。

競売になると負債が多額になることが、お分かりになると思います。
さて、競売で家を取られてあとに残った借金。

どうやって処理するのか?
方法は三つあります。

一つは、自己破産です。
言うまでもありませんが、裁判所の願い出て借金の支払いを免責してもらう方法です。

二つ目は「何もしない」という方法です。
借金が残っても特に何もせず、銀行が諦めるのを待つ。と言えば分かりやすいでしょうか?
但し、あまりお薦めできない解決方法です。

三番目は「示談」です。
例え1000万円借金が残ったとしても、「毎月5000円づつで10年の間支払う」という取り決めをして一部を払う方法です。

三番目は純粋な意味で、「借金からの開放」とはならないかもしれませんが大部分が減免されるのであれば、開放と言っても良いと思います。

どれも一長一短があるので、「私の場合はどうかしら?」とお感じになったら私達、専門家にご相談下さいね。
電話は0120-961529で無料相談できます。

住宅ローンから開放される方法について三つ書きました。
私は競売手続きはどちらかと言うと、「家をむしり取られた」という感じがします。

そこで、私から提案なのですが、「前向きに借金を解決」する方法を提案したいと思います。

前向きに借金を解決ということはどういうことなのか?

競売は家をむしり取られるようなものだと書きました。
自分の意図に反して、家を強制的に売却されてしまいます。

もちろん、住宅ローンが払えない状態では、家を手放さざるを得なくても仕方のない事かもしれません。

しかし、家を手放さざるを得なくなったとしても上手い手放し方と下手な手放し方があります。

任意売却という特殊な売却方法で家を手放す上手い方法があるのです。

具体的に何が上手い方法なのか?については競売と任意売却の違いがお役に立ちます。

競売に比べて、任意売却のメリットがお分かりになったでしょうか?
任意売却をした後、前述した三つの方法を取ることも、もちろん可能です。

任意売却で前向きに家を手放すと、当たり前の幸せが手に入ります。

以前、任意売却をされた方は
任意売却したら娘が良く笑うようになった
任意売却したら三年ぶりに旅行にいけた
任意売却したらスッキリせいせいした
このように喜んでいました。

次はあなたの番です。

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
  • 電話で任意売却相談
  • メールで任意売却相談
  • LINE@で任意売却相談