マンションの管理費,修繕積立金の未納を解消する方法

マンション管理費
住宅ローンを払うべきか?マンションの管理費、修繕積立金を払うべきか。。。

こんにちは任意売却コンサルタントの杉山 善昭です。

マンションにお住まいの方は、全員が管理費、修繕積立金を毎月払っていますよね。

毎月の管理費や修繕積立金、結構痛い出費だと思います。
しかも、マンションが古くなっていくと修繕積立金が増えてしまうことも珍しくなく、踏んだり蹴ったりです。
特に昨今、高齢化社会が加速しマンションの居住者の多くが高齢者の場合、死活問題になります。

残念ながら、毎月の負担が増えて行くのはマンションの宿命とも言え、特に世帯数の少ないマンションはこの傾向が顕著です。

さて、家計が苦しくなるとついつい遅れがちになる管理費や修繕積立金。
住宅ローンの支払い遅延はブラックリストに載ってしまうため一般的には管理費等の未納が先に起こります。

この管理費等、もし自宅が競売になってしまったらどうなるでしょうか?

競売の場合、落札人が未納分の管理費を含めて管理組合に支払わなければいけません。
例え滞納額があることを落札人が知らなくても、落札人は支払いから逃れることはできません。
これは区分所有法という法律で決まっている規定です。

何故かというと、新所有者が「そんなの知らない」と言って支払を拒むことができてしまうと、マンションの存亡にかかわるからです。
信所有者には少々酷な話ですが、そうせざるを得ないのです。

では、元の所有者は未納の管理費等について支払いをしなくても良くなったのでしょうか?

残念ながら、払う必要があります。
新しい所有者が払った、旧所有者の未納管理費はあくまで立て替えただけですので、旧所有者へその分請求することができます。

その気になれば、あなたのお給料を差押えることも可能です。
競売になって、マンションを手放しても未納管理費と修繕積立金はなくならないのです。

では、どうすれば良いのでしょか?
マンションの任意売却
「任意売却」という方法があります。
任意売却の場合、未納管理費等は売却時に清算をします。
清算と言っても、売却代金の中から未納管理費等の支払いを行い余った分だけを返済にまわすことになりますので、あなたの持ち出すお金はありません。

本来は未納管理費の負担を自力で解消しないとマンションを売却する事ができませんが、任意売却ならその必要はありません。

更に、当事務所の場合、任意売却のご依頼をいただき次第「管理費、修繕積立金の未納分とこれから発生する分は、不動産が売却できた時に一括払いをする」と
管理会社と交渉をします。
これが認められれば、依頼者は毎月の管理費の支払いから解放されるので、一つ心配事が無くなります。

但し、ただ単にストップすれば良いという訳ではありませんので状況の見極めが必要です。

管理費や修繕積立金の遅れにも、延滞金という利息のようなものがついてしまうので、一日も早い解決したいものですね。

もし自分ではどうすれば良いのか分からない。という方は私たち専門家にご相談下さい。
私たち住宅ローン緊急相談室は様々な任意売却に取り組んできました。
一例を任意売却の解決事例というページに掲載しており、どんな状態の人がどうやって解決したかご覧いただけます。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。
携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談